光保育園 オフィシャルサイト(社会福祉法人 光福祉会) | 京都府 福知山市

今月の園長のお話

2020年6月のお話

野も山も新緑に囲まれ、いよいよ初夏の時季となって参りました。     

  そんな中、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、福知山市の指示のもと、市 

 内の保育園では登園協力をお願いしておりましたが、緊急事態宣言の解除に伴い、5月23日(土)より通常保育となりました。

  登園協力の期間中は、保護者の皆様には多大なご協力を頂きました事に、大変感謝し、心よりお礼を申し上げます。

  園と致しましても、活動が制限される中で、3密対策を取りながら子ども達が一日一日をいかに楽しく、充実した日々を送れるか・・・何かと工夫をして過ごしてきました。

  また、登園のご協力を頂いているご家庭に対しては、連絡をとり子どもや、家族の方の体調や心の様子など聞くと同時に、子育ての悩みなどのケアに努めたり、孤立する事のないよう、注意を払って参りました。

  今回、園児や保護者、職員などに感染することなく終息に向かう事が出来ましたが、今後も感染防止の為、園の様々な行事の検討が必要となってきます。

  今後も、さらに一人一人の子ども達の成長を丁寧に関わっていく事に十分努めると共に、子ども達がいきいきと過ごせる保育を目指して参りたいと考えております。

ページトップへ
2020年5月のお話

野山も青葉、若葉の新芽が萌えたつ、とっても爽やかな季節になってきました。



 子ども達も、初めての集団生活や新しい環境にも慣れてきて、緊張でいっぱいだった顔も少しづつ和らいで、お天気の良い日には出来るだけ広い園庭へ出てマラソンをしたり、いろいろな遊具で遊んだり、思いっきり身体を使って楽しく遊び、元気いっぱいの子ども達がとっても嬉しいですね。

 そんな中、今回の緊急事態宣言発令に伴う、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、各ご家庭においては毎朝の検温や、3歳以上児のマスク着用、さらにお子さんを見る事ができる環境にあるご家庭には、沢山ご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。今回の皆様のあたたかいお気持ち、お心使いには心より感謝申し上げます。



 今後、まだ先行きの見えにくい状況にある中、園ではできる限りの感染予防対策をしながら、今後の保育をすすめて参りたいと考えております。

 どうか、保護者の皆様と共に、「一人一人の大切な命を守るために」もう少し辛抱強く過ごしていきましょう。

ページトップへ
2020年4月のお話

ご入園、ご進級 おめでとうございます



 大変暖かい冬が続き、早くも桜が満開となって参りました。今、新型コロナウイルス感染症を大変心配する中、本年度も元気でかわいい笑顔の子ども達を迎え、スタートする事ができ、とても嬉しく、職員一同、気持ちを新たに頑張りたく思っております。



 さて、これから大事なお子様をお預かりする訳ですが、新しい初めての集団生活や、進級する子ども達にとって、クラスの環境も変わり、喜びの中にも不安や、緊張で一杯だと思います。どうか、あせらず、あたたかい言葉がけと励ましで見守ってあげて下さい。

 そして、本園の目指している「一人ひとりの丁寧な保育」や、「豊かな心の育ち」を大切にし、さらに多くの体験や感動を通して、「たくましく生きていく力」を少しでも養えればと考えております。どうか、本園の方針に皆様のご理解とご協力を得ながら、共に子育てを楽しんで参りましょう。

 また、私達の周りには、いつも地域の多くの方々が見守っていて下さる事も嬉しい事ですね。

 さらに、地域の方々には、行事ごとに園に来て頂いたり、また園の方から地域の方々と交流させて頂いたりする中で、お互いに心が通うあたたかな、ふれあいの場となりますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ
2020年3月のお話

一雨ごとに春の気配が感じられ、ホールには子ども達が優しく育ちますように・・・

と願いつつ、可愛い手作りのおひな様を華やかに飾れて、おひなまつりを待つばかりです。

 さて、いよいよ年度末、最後の月を迎え、子ども達は一人ひとり、一つ大きくなっていく嬉しさや、小学校入学への楽しみに胸はずませている今日この頃です。

 そんな喜びの気持ちと共に、毎日の基本的な生活習慣や、朝の食事をしっかりと済ませてから登園する・・・など、各ご家庭では、いかがでしょうか。この事は、今の年齢の間に身に付けておく事がとても大切です。「よく頑張ったね。」と褒めたり、励ましたりしながら良い習慣がしっかりと身につくよう、親も子も根気よく続けましょう。



連日、新型コロナウイルス感染症についての報道がある中、今年度最後の保育参観は、感染拡大防止策として、やむなく中止と致しましたが、保護者の皆様にとってはお子様の成長を見て頂くのを楽しみにして頂いている中、残念に思いました。しかし、これも子ども達の健康を第一に守る為の対策とお考え頂ければ嬉しく思います。

 また、今後大事な卒園式、入園式を控えておりますが、いろいろと協議しながら、お知らせしていきたいと考えております。

ページトップへ
2020年2月のお話

今年は、雪の降らない冬を過ごしてきましたが、お蔭で子ども達は、毎日広い園庭で、思いきり身体を動かして遊べる事が出来ました。

また、インフルエンザも保護者の皆様には、早めの対応や予防にとご協力を頂き、あまり広がる事もなく、ほっとしつつ、とても感謝しております。今後も続いて、しっかりと手洗い、うがいの励行をお願い致します。

そして、とっても楽しみにしていたお店屋さんごっこでは、5歳児、つばさ組の子ども達が乳児クラスの子ども達のてをつなぎ、お買い物遊びを楽しみました。小さな子の背の高さに腰を曲げながら、優しい思いやりの姿を見たり、大きなお兄さん、お姉さんに頼りながら嬉しそうに買い物をする姿に微笑ましい心の育ちを感じ、とても嬉しく思いました。

さらに、今年度も後、2ヶ月です。一人ひとりの生活習慣の自立や、4月からの進級、進学に向けての出発が、スムーズにいきますよう、どうぞ皆様のご協力をよろしくお願い致します。

ページトップへ
2020年1月のお話

 新年 明けまして おめでとうございます

今年は、令和の時代になってから、初めての新年を迎え、また干支も最初の子年に始まり、そしていよいよオリンピック、パラリンピックの年にもなりましたね。

 そんな中、皆様には、ご家族揃って楽しいお正月を、お迎えになられた事と心よりお喜び申し上げます。

 園の方も、しばらくの間、お休みでしたが、久し振りに子ども達の元気な声や笑顔の出会えて、本当に嬉しく思いました。

 さて、これからはいよいよ一年の締めくくりの大切な学期となります。今後、保護者の皆様や、地域の方達の深いご支援の中で、子ども達一人ひとりが少しでも心豊かに成長してくれるよう、さらに5歳児、年長組の子ども達にとっては残り少ない保育園生活です。友達同士との楽しい思い出が、心に残る保育をしっかりと進めていきたいと考えております。どうか、本年もよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ